美のARIKA(びのありか)プライベートサロン 

女性のBeautiful Lifeを内側と外側の両方からサポートするプライベートサロン。美のARIKA「ありかの部屋」では、エニアグラムとリラクゼーションエステのプロがあなたの専属セラピストです。【保谷 ひばりが丘 西東京 練馬 東久留米 新座】 

*

★Therapist★


髙橋 有加 (Yuka Takahashi)

◆栄養士
◆Diploma ビューティーセラピスト
(Australia政府認定資格)
◆NPO法人 日本エニアグラム学会
認定ファシリテーター
◆子育てサロン(親子で楽しいENGLISH)主催
「Together@西東京」代表
◆アラフィー女性
(サラリーマンの妻&小学生の母)

はじめまして。
オーナーセラピストの髙橋有加です。

2010年11月3日から、自宅で『美のARIKA』サロンを主宰しています。ARIKA(ありか)というのは、私にとって昔から慣れ親しんだニックネームです。ありのままに変わらず美しいものの「ありか=存在する場所」という意味が込められています。皆さまに安心して通っていただけるプライベートサロンとして、20代から70代以上の幅広いライフステージのお客様にご利用いただき、子育てをしながら好きな仕事をさせていただける毎日に感謝しています。

もともとの私は…
国際結婚して今は東京で暮らし一児の母となった私ですが、大阪出身で根は楽天的自由人です。
神戸の女子大を卒業後、関西の大手都市ガス会社に入社して、顧客サービス情報管理や会計経理業務を約10年担当していました。

人生のターニングポイント…
30歳の時、自分の未来に閉塞感を感じ、会社を退職してオーストラリアのブリスベンに留学。ホームステイでの語学学校、ビジネスインターンシッププログラム への参加の後、クイーンズランド州立サウスバンクTAFEに入学し、『Diploma of Beauty Therapy』の資格を取得しました。
早速、Sole Trader(個人事業主)のビューティセラピストとして、ブリスベン市内の4つ星ホテル内サロン で働き始め、その後、オーストラリアを代表するアロマ化粧品【Jurlique ジュリーク】の直営店に採用され、大自然とゆったとした環境の中で充実した日々を過ごしていました。

永住権を断念して帰国…
約3年間のオーストラリア暮らしは自分にピッタリで、本当はそのままオーストラリアに永住したかったぁ…
しかし、オーストラリアの永住権申請は専門分野や年齢などのポイント制。学生ビザが切れるタイミングで永住権を取得を目指しましたが基準に満たず、日本にいる家族のことも頭によぎり、帰国を選びました。
帰国後すぐに、セラピストとして神戸のジュリークサロンに就職。同時に、プライベートでは、留学中に出会った韓国人パートナーと国際結婚し日本でのゼロからの暮らしがスタートしました。
翌年、夫の仕事の都合で上京。 都内のジュリークサロンに移って施術トレーナーやエステサロン向けの痩身機器トレーナー、サロンコンサルティングなどの様々な業務に携わる傍ら、自分自身や家族のことをしっかり見つめ直すために、日本エニアグラム学会 で、自己成長とコミュニケーションのための人間心理学『Enneagram エニアグラム』を学びはじめました。

本当の自分を再発見…
母子家庭の長女として何があってもポジティブに生きていたつもりでしたが、実は、重苦しいものをいっぱい背負い、何かに囚われ抵抗しながら生きていたようです。 エニアグラムと出会い、それらから、ついに解放される瞬間が訪れました。
すると、不妊治療でも授からず一度は諦めた子どもを自然妊娠し、39歳の時にママになりました。

お引越しをきっかけに、サロンを主宰の夢に近づく…
東京の家賃って本当に高いですよね。家族の未来設計、子どもの成長に合わせてより良い環境をと考え、西東京市内の一軒家にお引越しを決断。一階に独立ルームと、駐車場に余裕のある物件を購入しました。自宅サロンを持ちたいという潜在意識があったようですね。
時代とともに変化する私たちのライフスタイルや未来への社会的責任を想うと、『一人一人の【Beautiful Life】をサポートするようなサロン』『外側からの癒しだけでなく、自分の内側に必ずある本当の自分らしさを見つけてそれを磨き、大切な人や社会とともに成長できるコミュニケーションができる場所』
自分が創りたかった、プライベート・サロンのコンセプトを確信しました。

行動開始! 具体的な開業準備…
5月に引越しをした時、子どもは1歳6か月でした。その夏の終わりころから市の一時保育を利用して、少しずつ開業の準備をスタート。
自分の大切なコンセプトを胸に、TAFEで学んだ専門技術と知識・スモールビジネス論・セラピストとしての現場経験、それから日本で開業するための情報収集や準備を経て、ついに自宅の一室を拠点に、エニアグラムを取り入れたリラクゼーションエステサロン『美のARIKA』開業届を提出しました。

地域ボランティア活動の目覚め…
企業でのキャリアウーマンを目指していた20代の頃とは違い、40代で子育てをしながら在宅ワークを始めた私。都内に知り合いも少なく、夫は外国人という核家族。 以前なら、何でも他人を頼らず自分でやる!と強がっていた私も、知らない土地で子育てしながら楽しく暮らしてゆくために地域社会とのコミュニケーションや繋がり作り作りは欠かせないなぁと思い始めました。
秋に『美のARIKA』を開業し、並行して2月からボランティアの『子育てサロン』のメンバー募集を開始。 4月から無事に子どもは保育園に入れることになりました。
そんな矢先、3.11大震災が起こりました。 実は大阪ガスで働いていた時代に阪神淡路大震災を経験しています。 原発に関しては海外情報をとらえ最悪の危険を避けるため子どもと大阪に一時避難し、いきなりサロンをどうするかも悩みました。
ですが、4月には東京に戻り、『美のARIKA』と『子育てサロン』を両方とも続けることにしました。 現在子育てサロンの活動は、市民団体【Together@西東京】の代表として、約35人のママとそのお子さまが参加してくださっている「親子で楽しいENGLISH」サークルの活動を中心に、子育てママの癒しや地域コミュニケーションに役立つ講座の企画や、出張講師などもお引き受けしています。

私が人生でやりたい事は…
一言でいうと「本当に幸せな人生でありがとうと言いたい」今日も明日も明後日も、今生最後の瞬間まで毎日言いたい。(笑)
地域密着型の安心プライベートサロン『美のARIKA』でご縁あって出会った方を、等身大の自分自身が、これまで経験してきた知識や技術を惜しまずに、まだまだ未熟だとしても自信を持ってケアいたします。それぞれの『Beautiful Life』を見つけるキッカケになるトリートメント施術・癒し・カウンセリング・エニアグラムワーク、どれも一人一人を尊重し愛をもって提供します。 出会いには意味があります。多くの人からも学ぶことも多いです。セラピストという仕事を通じて、人や社会に信頼を得て、自己成長しながら社会貢献ができたら幸せです。
私をいつも支えてくれている家族や大切な人たちに感謝し続けながら、働かせていただきたいです。
そして…いつかまた南国の島で、まったりと暮らせたらいいなぁ…

美のARIKA エニアグラム&リラクゼーションエテ TOP

公開日:
最終更新日:2018/11/30